womenlife › 2016年02月

2016年春夏キャンペーンが公開

2016年02月29日

フレンチラグジュアリーファッションブランド LONGCHAMP (ロンシャン) の、2016年春夏広告キャンペーンが公開された。撮影は Peter Lindbergh (ピーター・リンドバーグ) が担当した。モデルは今回で5シーズン目となる Alexa Chung (アレクサ・チャン)。 伝説的なフォトグラファーと、インターナショナルなスタイルアイコンの初競演を実現した本キャンペーンの撮影は、LONGCHAMP のホームタウンであるパリで行われた。
ファッション・ジャーナリストの Suzy Menkes (スージー・メンケス) は、Peter Lindbergh を「有名だろうと無名だろうと、被写体のありのままの姿を捉える」写真家であると評している。Alexa Chung が持つエレガントでナチュラルな側面だけではなく、彼女の新しい感情や女性らしさを引き出すことによって、LONGCHAMP のイメージを表現している。  


Posted by zhang at 00:00

Lemaire (ルメール) 2016-17年秋冬メンズコレクション

2016年02月25日

Lemaire (ルメール) といえば昨年暮れに発表された Uniqlo (ユニクロ) とのコラボレーションも話題になったが、シグネチャーラインである Lemaire においてデザイナーの Christophe Lemaire (クリストフ・ルメール) と Sarah-Linh Tran (サラ・リー・トラン) はこれまでに引き続きトレンドに左右されないタイムレスな男性の装いを提案。
ブランドの思い描く男性像に忠実なコレクションでは、アンコンストラクテッドなオーバーサイズコートやワイドレッグのトラウザー、ワークシャツをシャープなテーラリングでモダンにシフトさせたインナーなどが登場。ミニマルかつリラックスしたシルエットと対比するような色気のあるスタイリングは、コレクションの要であるリュクスな素材感とリッチなカラーパレットを際立たせている。  


Posted by zhang at 00:00

クリエイティブ・ディレクターを辞任

2016年02月18日

燃えるような赤い髪とポーセリンのように白い肌が印象的な出で立ち。エディター、スタイリスト、そして『Vogue (ヴォーグ)』クリエイティブ・ディレクターである Grace Coddington は今年4月の誕生日で75歳を迎える。30年に渡り同誌のイメージメイキングを手がけてきたレジェンドが、雑誌専属のクリエイティブ・ディレクターというポジションを離れることが『Business of Fashion (ビジネス・オブ・ファッション)』の速報にて明かされた。インタビューにて Grace は「(『Vogue』のことは) 今でも大好き。19でモデルとして初めて関わって以来、私の人生そのものといっても良いほど。これからも『Vogue』から離れるつもりは無いわ。でもこれからは他のことにも目を向けられたらと思ってるの。リタイアなんてまっぴらゴメンよ。」と語っている。
なおクリエイティブ・ディレクターとしての職務を経て、今後は『Vogue』のクリエイティブ・ディレクター・アット・ラージとしてエディトリアルを引き続き監修する傍ら、パーソナルプロジェクトやデザイナー、アーティストとのコラボレーションなどの活動にも精力的に携わっていくとのことだ。  


Posted by zhang at 00:00

Raf Simons 2016年春夏キャンペーンが公開

2016年02月11日

Raf Simons から最新2016年春夏キャンペーンが公開された。クリエイターチームはもちろん、いつもの Willy Vanderperre (ウィリー・ヴァンダピエール) と Olivier Rizzo (オリヴィエ・リッゾ)。鬱蒼とした雑木林をバックにしたロケーションポートレートは、どこかシリアスで退廃的でありながらポエティックな仕上がりだ。  


Posted by zhang at 00:00

アーティストコラボによるキャンペーンも

2016年02月04日

「Dioressence」の特徴であるシンプリシティが際立つポインテットトゥはサイドにかけて見事なストリームラインを描いており、甲のアーチを美しく引き立ててくれるデザインに仕上がっている。一方で7cm、10cmの2タイプから選ぶことの出来るヒールは、フェティシズムを掻き立てる極細のシルエットがその繊細さ、高さ、そして脚の曲線を際立たせてくれる。
素材はスリークなカーフレザーからパテント、そしてイリデッセントな輝きを放つユニークなカーフまで幅広く展開。中でもムッシュ・ディオールが「最もエレガントな色」と称したブラック、そして「幸福と女性らしさを象徴する色」として親しんだペールピンクは、シーズン関係なく持っていたいマストハブアイテムだろう。
ムッシュの書籍『The Little Dictionary of Fashion: A Guide to Dress Sense for Every Woman』において記された “Heels go with everything” のフレーズの通り、あらゆる装いをエレガントに仕上げてくれる「Dioressence」は、現在全国の Dior ブティックにて展開中だ。  


Posted by zhang at 00:00